カテゴリ:手織物( 5 )

2016夏*サガダ織り<ドラム・バッグ&バックパック>


地元の人にも、旅行者にも大人気のサガダ村で織られている手織り布を使っサガダ・バッグ。サガダ村でも新しいメーカーさんがどんどん現れ、地元の一大産業になりつつあります。地域の先住民族文化を伝えながら、生計手段にもなるプロジェクト。織りからデザイン、縫製、販売に至るまですべて地元の人の手によって運営されているのもすばらしい。カラバオ・ママでは定番の人気定番商品「ドラム・バッグ」とバックパックをご紹介します。

サガダ織りの布には大きく分けて「伝統パータン」と「ストライプ」があります。手織りで大量生産できないため、ご注文は「伝統パターン」か「ストライプ」のどちらかをご指定の上、色味をお知らせください。
サガダ織りの布のサンプルとタグの紹介はこちらに。


●ドラム・バッグ(小・大)●
小:幅37㎝ 直径23㎝ 4,000円
大:幅43㎝ 直径28㎝ 5,200円
斜めがけっしてアクティブにも、横向きで手に提げてもいいし、縦に持ち手がついて、多目的に使える人気の定番バッグです。スナップ留めのポケットが両側と、脇側にもそれぞれあって全部で4つ。スナップ・ボタンがいいアクセントになっています。中にもファスナー付きのポケットがあります。柄はいろいろありますが、サンプルの写真を掲載します。
注文の仕方はこちら

↓手前が小、奥が大サイズ
d0104317_14423609.jpg

↓脇のスナップボタン留めのポケットとハンドル
d0104317_15040579.jpg
↓ファスナー部分
d0104317_15112064.jpg

●サガダ織り・アクティブ・バックパック(大・中・小)●
小:高さ32㎝ 幅22㎝ マチ11㎝ 3,800円
中:高さ35㎝ 幅30㎝ マチ11㎝ 4,900円
大:高さ47㎝ 幅39㎝ マチ11㎝ 5,600円

外にファスナー付きのポケット両脇に折りたたみ傘やウォーターボトルの入るポケットのついた軽快なバックパック。脇にはベルトもついています。柄は写真以外にもいろいろあります。手織りのデザインとご注文の仕方はこちら

↓左から大・中・小。こちらの織りは伝統の模様を織り込んだ定番柄。
d0104317_15304920.jpg

↓小サイズ。伝統の織りとストライプの2種

↓中サイズ 2種
d0104317_15481671.jpg
↓大サイズ2種
d0104317_15565205.jpg

[PR]
by carabaomama | 2016-04-27 15:32 | 手織物

2016夏*サガダ織りバッグ<ショルダーバッグ&ポシェット>

 ルソン島北部の先住民族にはまだ手織りの伝統を残しているところが数多くあります。その中でも最も有名なのが観光地として名高いマウンテン州サガダの織物です。ずっと定番ものの原色のカラフルな伝統の模様を織り込んだストライプの布を使ったラウンドバッグを中心としたラインナップでしたが、この数年のうちに大きな変化が現れました。
 本家「サガダ・ウェービング」で修業を積んだ織り手たちが次々と独立し、それぞれ小さな工房でオリジナル・ブランドを立ち上げているのです。それぞれ本家とは一味違ったデザインで新たな顧客をつかもうと、色づかいもいろいろ、バッグのデザインも個性的です。景気のいいフィリピンでは観光客の数もうなぎ上りで、サガダの小さな町にはお土産屋が軒を連ね、さまざまな手織りバッグ製品が並ぶようになりました。
 いずれも本家が守ってきたクオリティの高さを保っているのがうれしい。カラバオ・ママでは、小さな工房を応援しようと、「SAGADA CAVE ARTS and CRAFTS」の製品を中心にご紹介します。

●サガダ織り ショルダー・バッグ(大、中、小)●
大 4,600円
中 4,300円
小 3,400円
ツーリストに持ちやすいサイズのショルダーバッグです。大サイズと中サイズは、パスポートも携帯もカメラも小さ目の折りたたみ傘も入ります。小サイズはカメラや携帯入れにぴったりの人気のポシェットタイプです。
色:茶系、紫系、ピンク系、モスグリーン系、ブルー系などいろいろ。色味でご注文ください。

↓大サイズ
d0104317_14071542.jpg
d0104317_14071598.jpg

↓小サイズ
d0104317_14071502.jpg
d0104317_14071546.jpg
d0104317_14071527.jpg





[PR]
by carabaomama | 2016-04-20 16:59 | 手織物

2016夏*サガダ織り<ポーチ&お財布>

丈夫で手織り布の種類の豊富なサガダ織り。サガダはバギオ市から山岳地方を6時間ほど行った松林に囲まれた小さな山の村です。石造りの教会、ハンギング・コフィンや洞窟探検などで有名で、国内外から多くの観光客が訪れます。住んでいるのはカンカナイ族と言われる少数民族。民族衣装のために伝えてきた伝統的な手織りの技術を継承し「サガダ・ウェービング」として有名です。最近は、たくさんの小規模生産者が新しく参入し、それぞれのブランドで現代的なデザインを取り入れ、様々な形のバッグなどが作られています。
織りは綿100%。様々な色のストライプ模様か、伝統の柄を織り込んだものなどがあります。丈夫で縫製もしっかりしています。裏地付き。お値段もそれな入りしますが、クオリティが高く、地元でも大人気。長く使えるポーチです。

●サガダ織のポーチ(大・中・小)●
ダブル・ジッパーで、細かいものを分けて入れるのに便利なポーチです。表面にもポケット・ジッパーがあるほか、中にもポケットがあります。
大:幅19㎝ 高さ12㎝ マチ7㎝  2,800円
中:幅15㎝ 高さ11㎝ マチ6㎝  2,600円
小:幅13㎝ 高さ8㎝ マチ5.5㎝  2,200円

※織りは1点もののため、色味でご指定下さい。
レッド系、ピンク系、ブルー系、グリーン系、ブラウン系、グレー系、イエロー系、パープル系など

大↓
d0104317_15472836.jpg
中↓
d0104317_15453657.jpg
小↓
d0104317_15493503.jpg
●サガダ織のお財布●
1600円
ダブルジッパーの丈夫なお財布です。マチ付きなので、たっぷりコインが入ります。
横8㎝ 縦7㎝ マチ2.5㎝ 裏地もついていてとても丁寧な作りです。
d0104317_11284062.jpg
d0104317_11263845.jpg
d0104317_11314654.jpg





[PR]
by carabaomama | 2016-04-20 15:52 | 手織物

【サガダ織り】手織り布のサンプルとご注文方法



サガダはルソン島北部山岳地方の代表的な観光地です。バギオ市からバスで約6-7時間の、松林に囲まれた小さな村ですが、石造りとステンドグラスの美しいセントメリー教会、野趣あふれる洞窟探検などの見所があり、多くの観光客をひきつけています。サガダに住んでいる先住民族はカンカナイ族という民族で、今も先祖代々受け継がれた伝統を継承しています。サガダの名所の一つに「ハンギング・コフィン」がありますが、渓谷の岩壁にコフィン(棺)をかけるという埋葬方法です。

日常生活の各所に伝統の暮らしを残すサガダですが、サガダ織り(Sagada Weaving)もその一つです。古くから民族衣装やブランケットなどを手織りしてきた伝統を今も伝えており、一つの産業として成り立っています。現在は新しい織りのデザインもどんどん取り入れ、バッグやポーチなどにして観光客や地元の人にも販売し人気を博しています。

手紡ぎや草木染の技術は残念ながら失われてしまいましたが、品質の高い糸を使い、しっかりと織ったサガダ織りは高品質の織物として知られています。製品化にあたっても、縫製技術などを身に着け、徐々に品質を改良し、丈夫で長く使える製品作りに成功してます。ファスナーやスナップボタンも丈夫なものを選んで使用し、品質を維持しています。
コーディリエラ山岳地方では、最近ではほかの多くの先住民族も、「サガダ織りの成功に続け」と、伝統の手織りの復興をしたり、新しいデザインの開発をしたりする動きが出てきています。


【サガダ織りのブランド】

カラバオ・ママでは、サガダ織りのバッグの販売をしています。1968年創業の本家の「Sagada Weaving」が有名ですが、後進のブランドも本家に劣らない品質となっています。カラバオ・ママでは以下の3つのブランドの製品を販売しています。

↓本家「Sagada Weaving」
d0104317_16265250.jpg
↓タグも本家そっくり「Sagada Cave Arts & Craft」
d0104317_16392500.jpg

↓三角形のタグがかわいい「Sagada Hand Woven Products」
d0104317_16424427.jpg

どこのブランドもほとんど同じようなデザインのバッグやポーチを生産しています。


サガダ織りの布のパターン】

サガダ織りの「伝統のパターン」は、本家「Sagada Weaving」が「Audrey」と名付けている伝統の模様を織り込んだ、2-3色の糸を織り込んだものが基本です。
こちらはフェイスブックの「Sagada Weaving」のページで紹介されている「Audrey」の色見本です。

織り込まれた、ダイヤなどの伝統の模様にはそれぞれ意味があります。
(それぞれの意味については、また別の機会にご紹介します)

d0104317_16533491.jpg

最近のサガダ織りは伝統模様を入れないシンプルな「ストライプ・デザイン」のものも多くあります。伝統柄にこだわらない人には使いやすいストライプ・デザインです。色の組み合わせは、織り手のセンスで決められ二つと同じものがありません。

d0104317_16591267.jpg
d0104317_17204869.jpg

また、「伝統パターン」をアレンジして、新しい多色の色遣いをした「多色伝統デザイン」もあります。こちらは「伝統」と「現代」を融合させたデザインと言えるでしょう。
d0104317_16575013.jpg
d0104317_17002644.jpg




【ご注文の仕方】
1.手織り布のタイプの指定
「伝統パターン」
「ストライプ・デザイン」
「多色伝統デザイン」
の中からお選びください。

2.布の色味の指定
「伝統パターン」はこのリンクからご指定下さい。

「ストライプ・デザイン」「多色伝統デザイン」については以下の色味をご指定下さい。
・レッド系
・ブルー系
・ブラウン系
・ピンク系
・グリーン系
・グレー系
・パープル系
からお選びください。
なお、ご希望に添う色味の在庫がない場合もあります。

3.デザインの指定
このブログページの中からご指定下さい。

4.ブランドの指定
以下からご指定下さい。
「Sagada Weaving」
「Sagada Cave Weaving」
「Sagada Hand Woven Products」

大量のご注文には手織りから色を指定して生産することも可能です。
また、オリジナルデザインでも生産も可能です(要サンプル)。

ご指定のブランドでご指定のデザインの在庫がない場合もありますが、ご連絡させていただきます。

お気軽にカラバオ・ママまでお問い合わせください。

carabaomama@gmail.com









[PR]
by carabaomama | 2016-04-20 13:22 | 手織物

2016夏*かごとビーズ刺繍の手織り布バッグ

フィリピンのルソン島北部の先住民族は、民族ごとに違う側の手織り布の民族衣装を伝えています。民族の中には、手織りの布にビーズや刺しゅうを施したたいへん手の込んだ民族衣装を伝えている民族もあります。このシリーズでは、竹製のかごに手織り布を組み合わせ、さらにビーズ細工をしたバッグ類です。手織りのデザインは伝統的なものではなくオリジナル。女性向けに赤を中心とした織物です。

●編み持ち手のかごとビーズ刺繍のハンド・バッグ●
3800円
サイズ:本体 縦23㎝ 横36㎝ マチそこかご部分9㎝
色柄:赤系を中心に各種。すべて1点もの。
口はファスナー、黒裏地付き、ファスナー付きの中ポケット。
d0104317_10243325.jpg
d0104317_12051925.jpg

●かご&ビーズ刺繍のトートバッグ●
4,200円
サイズ:縦31㎝ 横36㎝、かご部分底マチ8㎝
色柄:赤系を中心に各種。すべて1点もの。
口はファスナー付き。ファスナー付きの内ポケット1つ
黒裏地付き

d0104317_10251946.jpg

●かごとビーズ刺繍のおしゃれポシェット●
3200円
サイズ:縦17㎝ 横22㎝ かご底部分マチ6㎝ ストラップ幅1.5㎝(長さ調節できます)
黒裏地付き ファスナー付きの中ポケット一つ



d0104317_10240261.jpg

●かごとビーズ刺繍のポーチ●
3,400円
サイズ:縦13㎝ 横21㎝、かご底分マチ6㎝
色:赤系中心、すべて1点もの
口はファスナー。黒裏地付き ストラップ付き

d0104317_10242325.jpg


●かごとビーズ刺繍のミニ・ポーチ●
2,200円
底が大きめなので、もの他たくさん入ります。ボートみたいでかわいい形。
サイズ:縦7㎝ 横14㎝ かご部分マチ7㎝
口ファスナー、黒裏地付き ストラップ付き

d0104317_10241539.jpg
●かご付き巾着バッグ
2,200
d0104317_12133354.jpg
●かごなしビーズ細工アクセントの巾着バッグ
1,600円
d0104317_12154459.jpg






[PR]
by carabaomama | 2016-04-20 12:38 | 手織物